記事一覧

HONDA EU16i 消音ボックス

ファイル 16-1.jpgファイル 16-2.jpg

かなり前のことですが使いやすさと
とことん消音にこだわった
ホンダ EU16i 発電機防音BOXを作ってみました。

ほんの少し離れただけで無音に近くなり
発電機を使っていること自体、気がつかれることはなかったです。
すぐ横を通った一般キャンパーにこれは何?って言われたぐらいで
発電機ですと答えたら「静かだねえ」と驚いていました。

吸気スペース、排気スペース、発電機スペースの3個のボックス構成で
それぞれの部屋の
天板、側面、底板、各内装は吸音スポンジですべて埋め尽くされ
外装は全面遮音シートを貼り付けたコンパネ。
フレームは構造用アルミフレームで
フレームの中には発砲ウレタンを注入しています。
排気は底面です。

使いやすさはL型の扉をつけていますので
発電機の出し入れがしやすく
入れたままメンテや給油、始動ができます。

ファンを2個搭載し通常運転時はそれで空気の取入れを助けますが
エンジンを手動で停止させた場合、
発電機で同時に充電されるバッテリーを内蔵し、
タイマーで5分間アフタークーリングします。

ネックは大きさと重さ。(キャスターをつけたい)
あとはこだわったためコストがかかりすぎです。
(といっても他社で同様のボックスを作ってる業者よりは
 極めて格安ですが)

こういう方法もあるんだと
参考に自作派の方は材料をそろえてやってみてください。
材料が手に入らない方向けに部材の一部は提供可能です。
カット済みコンパネとカット済みアルミフレームなど販売できます。
アルミフレームは六角レンチ1本で組み立てられますが
ウレタンや遮音シート、ファン穴など現合で合わせないとなりません。
できない方は時間的余裕があるときに製作代行もいたします。

エコスロットルで動く家庭用のセパレートエアコンをつければ
一晩は内蔵の燃料タンクで余裕で持つので
追加タンクをつけたり、給油のためのストレスのありません。
当店は家庭用セパレートエアコンの設置もやっています。